化学品・エレクトロニクス

化学品・エレクトロニクス本部は、自動車材料、化学品、エレクトロニクスの3分野が一体となり、シナジーを創出しながら事業を展開しています。

自動車材料分野では、自動車用樹脂の製造・販売、部材の供給を行うとともに、次世代自動車の原料・部材の企画提案を進めており、グローバルネットワークを活用してお客さまのニーズに対応しています。

化学品分野では、洗剤原料、衛生材料、包装材料など、幅広い分野の化学製品を取り扱い、アジアにおける強力な販売力とネットワークを生かしてビジネスを拡大するとともに、ヨード事業にも積極的に取り組んでいます。

エレクトロニクス分野では、日本最大の電子デバイス商社グループとして、自動車・家電・産業機器などに組み込まれるエレクトロニクス部品やソフトウェアを幅広く取り扱っています。

また、さまざまな人とモノをつなぐネットワーク事業をグローバルに展開するとともに、PHV・EVなどの環境車向け技術開発、ならびに「つながるクルマ」向けデバイス・サービス開発、次世代の自動運転社会に対応するインフラの整備や技術開発、新規サービスの開発・構築・事業化に取り組んでいます。

ヨード生産プラント(チリ)
ヨード生産プラント(チリ)
電子デバイス事業
電子デバイス事業
主な商品・サービス

自動車用構成部品、半導体・電子部品、モジュール製品、自動車用組込みソフト、ネットワーク構築・保守・運用・ヘルプデスク、情報通信機器、海外ITインフラ輸出、パソコン・周辺機器および各種ソフトウェア、ITS(インテリジェント トランスポート システムズ)機器、合成樹脂、ゴム、電池・電子材料、精密無機化学品、油脂化学品、添加剤、医薬品および医薬品原料 他

主な関連会社

価値創造事業

自動車材料・化学品のバリューチェーン

自動車材料事業では、原材料の調達、コンパウンド、在庫・物流、部品加工まで一貫した機能をグローバルに展開しており、化学品事業では幅広い商品群で川上・川中・川下のバリューチェーンを構築しています。

自動車材料事業

自動車材料事業

化学品事業(洗剤の例)

化学品事業

エレクトロニクスのバリューチェーン

電子デバイス事業では、国内と海外の拠点を駆使して新技術提案とQCDS(品質・廉価・デリバリー・アフターサービス)管理による電子デバイスの安定供給を実現しており、情報産業事業では各バリューチェーンでグローバルにICTサービスを提供しています。

電子デバイス事業

電子デバイス事業

情報産業事業

ICTソリュ―ション事業

2018年3月期第1四半期の取り組み

化学品・エレクトロニクス本部は、株式会社トーメンエレクトロニクスと株式会社豊通エレクトロニクスの事業を統合し、株式会社ネクスティエレクトロニクスとして2017年4月1日より事業を開始しました。

化学品・エレクトロニクス事業のプロジェクト紹介